台湾|高雄 高雄婆婆冰でマンゴー雪花冰

台湾・高雄で食べたローカルフードのご紹介です。

 

 高雄婆婆冰のマンゴー雪花冰

 

台南で食べようと思っていたマンゴーかき氷ですが、時間の関係で台南行きを断念したので、高雄でかき氷を味わうことにしました。

高雄婆婆冰はどのガイドブックにものっている有名店です。
店構えはこんな感じでローカル感が漂っています。

オーダーはテーブルのメニューに書き込むパターンですが、お店の人に直接指さし注文で問題ありませんでした。普通の(雪花ではない)氷のかき氷もありますが、雪花冰にしてみました(雪花は牛乳を凍らせた冰でつくるかき氷です)。お店の一押しは、マンゴーかき氷にアイスクリームのトッピングなのですが、私たちはアイスクリームは無しで注文しました。(アイス無しのマンゴーかき氷80元+雪花20元で、ちょうど100元。前払い。)

マンゴーの量はあまり多くありませんが、全体的にはボリュームがあって、二人で1つで丁度よかったです(写真に写っているスプーンはティースプーンではなくて、カレーライスを食べるサイズのスプーンです)。冰はあっさりしていて、マンゴーのトロピカルな風味もあり美味しかったです(*^-^*) 厚い日に食べる冷たいものは格別ですね。

メニューを観ていて気になったのは、桑の実とか。日本で目にしないですよね。いつ頃がシーズンなのだろう…。

最寄り駅からお店までの道順は↓こちらをご覧ください。

最寄り駅:MRT鹽埕埔駅2番出口をでると、大きな招き猫がいます。
招き猫を右手に見て正面の道(写真だと左方向:新樂街)をまっすぐ進みます。

新樂街はこんな感じの雰囲気の良い通りです。

まだ早い時間なので人通りも少ないです。

大通り(七賢三路)に出ました。交差点からみるとこんな距離感です。

交差点を渡って右に進むとすぐにお店に到着です。歩道の雰囲気はこんな感じ。各お店のオーニングが街路樹のあたりまで伸びています。
創始店は席があまり多くなく、路地に面したテーブルで食べます。近くにあるもう1件のほうは冷房が効いていてお店も大きいようですよ。

↑この旅の様子は動画にもまとめていますので、ぜひご覧ください☺

高雄婆婆冰(創始店) 営業時間:9:00-00:00


【PR】お得な乗り放題パス【台湾新幹線・高鉄3日パス / フレキシブル2日パス】《外国人限定》

【PR】台湾旅行の必需品!格安 4G SIMカード 無制限インターネット+通話料つき:桃園空港受取

 

スポンサードリンク

コメント