島根|出雲 いにしえの宿 佳雲

出雲観光を終え、宿に戻りました。
2日目の宿は共立リゾート系の旅館、いにしえの宿 佳雲です。

和風かつモダンな佇まい。

宿に着いた時には、雨で足元がびっしょりだったのですが、
スタッフの方が丁寧に出迎えてくれ、濡れた靴も乾かしてくれました。こういう心遣いが嬉しいですね。

チェックインはロビーラウンジで。お饅頭とお茶でほっと一息。

エレベーターや廊下など、床はすべて畳敷きなのも良いですね。

お部屋はこんな感じ。一般的なダブルの部屋です。

リビングスペース。

お茶菓子は二種類入っていました。同じものは売店で購入可能です。

リビングボードまわりはこんな感じ。

下段の引き戸を開けるとお茶、コーヒーのセット。コーヒー豆は手挽きできます。

右側の水洗が洗面で、奥にドレッサー、

部屋の奥(左側)がお風呂です。

佳雲ではすべての部屋に檜風呂がついています。
このお風呂が、写真でみるよりも大きくて広く、大人2人なら余裕で入れます。

収納の中には部屋着など。
写真の左側に写っているのは、お茶を入れるためのミニシンクです。

↑こちらはお風呂セット。二人分あります。

冷蔵庫にはお水とお茶。
近くにコンビニがありますが、お水を買いに行く必要がありませんでした。

ちなみにトイレはウォシュレット付きです。

チェックイン時に食事の時間を決めるのですが、私たちは遅い時間にしたので、
先にお風呂に行ってみることにしました。

貸切のお風呂が5つあります。※温泉ではないお風呂もあります。
私たちは泡の湯と霧の湯に入りましたが、泡はマイクロバブル風呂。
霧はミストサウナで長く入っているのは辛いお風呂でした。
温泉は人気でなかなか空かないので、1泊で全部入るのは結構難しいかもしれません。

お風呂上りにはこんなものも。

アイスキャンディーって、ちょっと嬉しいサービスですよね。
夜遅めの時間になると、夜泣き蕎麦のサービスもあります(今回食べていませんが美味しそうでした)。

ラウンジも落ち着いた雰囲気です。

 夕飯

お待ちかねの夕飯です。
まずはビアへるん(松江の地ビール)で乾杯!

この日のメニュー。

土瓶蒸し。

お造り。

すき焼き。

焼物はマナガツオの金山寺焼き。とても美味しかったです。

心ばかりのメニューは好きなものをおかわりしても良いそうです。

最後にデザート。

お食事は食事処で摂りますが、お給仕の方(青年)が一生懸命で気分よく過ごせました。

 朝食

朝食も盛りだくさんでした。

1泊ではもったいないなと感じるお宿です。
部屋ではのんびり過ごせ、また来たいなと思いました。


動画(YouTube)でもご紹介しています。
今回の出雲旅行の動画を最初からまとめてご覧になる場合は、こちらからどうぞ(全5話)

いにしえの宿 佳雲

スポンサードリンク

コメント