台湾|台中 宮原眼科でパイナップルケーキを購入

豚足ランチの後、急いで宮原眼科へ(徒歩移動)。

無事到着! 
宮原眼科は病院ではなく、古いビルをリノベーションしたスイーツショップです。
運営は日出(台中の製菓会社)で、宮原眼科はカフェ併設(アイスクリームが有名)です。

入口にはアリさんレリーフ。

アリさんをたどっていくと入口です。

宮原眼科は元々は日本統治時代に眼科として建てられたものですが、その後その役割を様々変え、現在はお菓子屋さんになっています。

店内はゴージャス。

2階がカフェです。販売中のパイナップルケーキや他のスイーツをトッピングできるアイスクリームが人気です。(でも、今回時間がなくてアイスクリームを食べることできず…)

チョコレートなどもありました。 

日出のお菓子は台中でしか販売されてないので、台中に来たからには買わねば!と思っていました。
しかし、新幹線の時間が差し迫っています(ToT)

とりあえず、パイナップルケーキ!

日出のパイナップルケーキは3種類あったので、それぞれ1箱(15個入りが一番小さい箱)購入。
他、太陽餅を買ったらおまけのクッキーもついてきました。想像以上の大荷物に…)

日出のパイナップルケーキはパッケージもとてもかわいいのでお土産に最適だと思います。こちらはすべて15個入りの箱ですが、箱のサイズごとにパッケージのデザインも異なり、商品ごとに紙袋まで違うというこだわり様。

↑こちらが個別パッケージと中身です。
台湾のパイナップルケーキは四角い形のものが多いのですが、日出のものは丸型でかわいいですよね。
写真左がオリジナル(原種パイナップルを使った少し酸味のあるフィリング)、真ん中が17号(品種改良されて味がまろやかになったパイナップルを使用したフィリング)、右がクッキー生地に米粉を使ったもの(中のフィリングはオリジナルと同じです)。

お味についてはパイナップルケーキの食べ比べ記事に詳しく書いておりますので
こちらをご覧ください(*^-^*)↓。

台湾|台中 日出のパイナップルケーキ食べ比べ
台中でしか買えない日出のパイナップルケーキ、3種類を食べ比べてみました。どれも美味しい~!パッケージ可愛い~♥

宮原眼科 営業時間 10:00-22:00

【PR】お得な乗り放題パス【台湾新幹線・高鉄3日パス / フレキシブル2日パス】《外国人限定》

【PR】台湾旅行の必需品!格安 4G SIMカード 無制限インターネット+通話料つき:桃園空港受取


さて、お土産を無事に手に入れたので、急いで高鐵・台中駅に向かいます。
宮原眼科のショップ店員さん(日本語が話せる)に急いでいることを伝えたところ、タクシーよりも電車のほうが確実だと教えていただき、電車で移動することにしました。(タクシーだと、渋滞にはまる場合が多いのだそう)

宮原眼科の入口を出て右方向に進み、大通りを右折して進むと台中駅です。
ああ…なんか思ったより距離があるー…涙。

台中駅(古い駅舎)を入って左方向へ。

台中駅から新烏日(高鐵台中駅直結)へ向かいます(乗車時間約10分)。

なんとか無事に高鐵台中駅に到着し、予定の電車に乗ることができましたー。
車内で太陽餅を食べてみたところ、パイ生地が飛び散って大変なことになりました。
お家でお茶と一緒に食べるのがおすすめです(口内の唾液を全てもっていかれるので)。

そして、予定通りに左營駅に到着。バタバタでしたが無事に戻れて一安心。
午後からは蓮池潭を観光します!(つづく)

↑旅の様子は動画にもまとめていますので、ぜひご覧ください☺


<広告>

スポンサードリンク

コメント