台湾|台北 アンバ台北松山 (台北松山意舍酒店)Amba Taipei Songshan

今回の旅、2軒目の宿はアンバ台北松山 (台北松山意舍酒店)にしました。
エクスペディアからMedium Twin 101 View Room(朝食無し)で予約。
2泊で 52,107 円 でした。

料金内訳は↓こちらの通り。
2017/12/30  14,920 円
2017/12/31  30,195 円
税およびサービス料 : 6,992 円 

セール時やクーポンを利用すればもう少しお得に泊まれると思います。

※上記以外に、チェックイン時にデポジットが 1 泊あたり 1,000 台湾ドルかかりますが、クレジットカード可で、チェックアウト時にはデポジットはキャンセル処理されたと、きちんと説明がありました。


【PR】お得な乗り放題パス【台湾新幹線・高鉄3日パス / フレキシブル2日パス】

【PR】台湾旅行の必需品!格安 4G SIMカード 無制限インターネット+通話料つき

今回、初めて台北で年越しをするということで、台北101の花火はどうしても観たいと思っていました。しかし、台北101の近くのホテルはとても手が出せるお値段ではなく、歩ける距離で部屋から101が見えるホテルということで探して、アンバ台北松山に決めました。※12/31はカウントダウン花火を観に、ホテルから歩いて台北101まで出かけました。

動画の中でこのホテルのお部屋紹介をしています

↑ホテルのお部屋紹介(ルームツアー)を動画にまとめていますので、ぜひご覧ください。

↑この写真だとお天気いまいちですが、101ビューのお部屋にしたので台北101も良く見えます。
肉眼だと写真よりも近く感じて、なかなかの眺めでした。

松山駅の近くは初めて訪れましたが、滞在してみてとても素敵なエリアだと感じました。

ホテルの入るビルは臺鐡の松山駅とブリッジでつながっています。

ホテルのロビーは17階。

ロビーからの眺めもなかなかです。

17階から21階までがアンバ台北松山ホテルになります。

ホテルは半年前には予約していましたが、
それでも101ビューのダブルルームに空きがなく、今回ツインで予約。

まず、部屋のつくりや内装がとても好みで、快適に過ごせました。
もし自分が中古マンションを買って(注:妄想です)、スケルトン・リフォームするとしたらこんな感じがいいな~、という感じの(どんな感じの?w)シンプルでメンテナンスがしやすそうなお部屋。無駄なものはないけれど、殺風景でもなく、窓が大きく明るくちょうどよい大きさの部屋です。

無料の水と、エスプレッソマシーン、ティーバッグ。
エスプレッソのカプセルは、1日3個まで無料、4個目からは追加購入が可能です。

水回りもシンプルでとても使いやすかったです。

サンダルは持ち帰りOK。

アメニティ。

Mediumルームにはバスタブはありません。Large以上だとバスタブが付きます。

トイレはウォシュレット無し。

TVモニターでお天気などが確認できました。
また、ブルートゥース対応のスピーカーもあって、音楽も楽しめました。

それと、ちょっとしたサプライズだったのが、大晦日。
午後3時過ぎ頃に部屋のチャイムが鳴り、何かと思って出てみると、
ハッピーニューイヤー!の掛け声と共にシャンパンの差し入れがありました。
ミニモエのボトル2本。新年をお祝いするのにちょうど良いですね☺

2泊しかしませんでしたが、次もまた泊まりたいなと思える良いホテルでした。
我が家は明るい部屋が好きなので、窓が大きく壁も白く、天井も高めで圧迫感無し。
無駄なものがないシンプルな部屋のつくりがとても気に入りました。

ハイシーズンを外せばお手頃価格で泊まれると思います。
何より立地が良く、駅にほぼ直結、饒河街観光夜市や五分埔商圈、永春市場など、
ローカル感を味わいたい人にもおすすめのエリアです。

アンバ台北松山

スポンサードリンク

コメント