台湾|台北 ホテルから片道40分歩いて台北101花火を見に行く!

★2017-2018 年越し台北 カウントダウンの旅

2017年12月31日。
いよいよ台北101の花火を観に出かけましょう。
心配していたお天気も回復して、雨の心配もなさそうです。

新年まであと1時間半。
ホテルのロビーではカウントダウンパーティーが催されていました。

私たちは松山のホテルから台北101まで歩いて行くことに決めていました。
花火の当日は午後7時くらいから段階的に交通規制が始まり、良い席を取るには明るいうちから台北101付近に陣取る必要がありますが、そんなに長い時間待つ体力も気力もありません…。
地下鉄は激混みのはずですし、混雑の中待つよりも歩いたほうが気が楽です。

台北の大晦日、夜の街は午後11時頃でも明るく人も多く、危険な感じはまったくしませんでした。

行きは大体40分くらいで象山駅付近に到着。すでに多くの人が集まってきています。
交通規制でこの一帯は歩行者天国。

私たちは最終的にこんな感じの距離感の場所に陣取りました。
左の街灯の明かりがちょっと邪魔なんですけど…。でも、遅く出た割にはベターな場所かなと思います。

動画はこちら

台北101の新年花火の様子は動画にまとめていますので、ぜひご覧ください☺
※花火の様子は5:00頃からになります。

花火が終了。
2018年は正面(北側:市政府駅側)からでないと見えない演出(映像)があったので、私達がいた象山駅付近からはそれが見えず、途中『あれ?』と思う部分もありましたが、やはり間近で見る台北101の花火は迫力があり感動しました!
でも、完璧なものを観ようとする場合、事前の情報収集は大切ですね。

さて、花火が終わったらホテルに戻ります。
歩いて移動している人が多かったです。

帰りは30分くらいでホテルに戻れたのですが、
街は通勤ラッシュか?と思うくらいの交通量。歩いている人もとても多く、行きよりも危険な感じがしませんでしたー。お祭りムードですね。

結局、ホテルに戻るまで周りにはたくさんの人が歩いている状態でした。
松山から信義くらいまでなら、地元の人たちも歩くんですね。

今回、初めて海外で年越しをしましたが、良い経験になりました。

【PR】お得な乗り放題パス【台湾新幹線・高鉄3日パス / フレキシブル2日パス】《外国人限定》

【PR】台湾旅行の必需品!格安 4G SIMカード 無制限インターネット+通話料つき:桃園空港受取

スポンサードリンク

コメント