台湾|台北 最終日の晩ご飯は自助餐と豆花

★2017-2018 年越し台北 カウントダウンの旅

↓旅の様子は動画でも紹介していますので、ぜひご覧ください☺

2018年1月2日。
台北最終日の晩ご飯はホテルの近くの自助餐で。
今回の旅ですっかり台湾の自助餐(セルフサービスの食堂)にハマりました。

素食とはベジタリアン・ミールのことです。
台湾で食べ歩いていると、どうしても野菜が不足しがち。
思いっきり野菜を食べたかったら素食のお店がおすすめです。

お皿にお惣菜を盛るのですが、お店によって会計システムが違います。
このお店は重さを量っていましたが、やっぱりどういうシステムなのかはよくわからず…
種類で値段の決まるお店や、野菜は種類、肉・魚は個数で計算するところもあります。

こんな感じで盛りました。

妙緣素食館 営業時間 10:00-20:00 日曜定休

【PR】お得な乗り放題パス【台湾新幹線・高鉄3日パス / フレキシブル2日パス】

【PR】台湾旅行の必需品!格安 4G SIMカード 無制限インターネット+通話付き


野菜の後は豆花(お豆腐スイーツ)!

トッピングもいろいろと選べます。どれにしようか迷いますよね。

雙色+二種トッピングでこんな感じ。雙色=普通の豆花とプリンの2種盛り(45元)でした。
トッピングはピーナッツ(花生)とあずきです。
美味しすぎて、追加でテイクアウトしました。

湯圓世家 営業時間 11:00-21:30

さらに夜食を買います!
山珍海味も自助餐チェーンですが、お店の人に好きなお惣菜を盛り付けてもらうタイプのお店です。

山珍海味精致全自助餐 営業時間 10:30-14:00、16:30-20:00

で、持ち帰ってきたのがこちら。ちょっと見た目が美しくありませんが、
豆花は仙草とピーナッツ(花生)トッピング(40元)、自助餐は甘辛チキンともつ炒め、ザーサイなど(95元)。
この日もいろいろ食べ歩いて満足。最終日も満喫しました。

スポンサードリンク

コメント