ラスベガス|アリアホテルのディナーブッフェ

ベガス3日目の夕飯はアリアホテルthe Buffetにしました。
前回来たときに結構美味しかったので、ここでいいかということに。
飲食クレジット125ドルをここで使うことにしました。

アリアは良い目のホテルなので、ホテル内のバフェにはシーフードが豊富です。
海老や蟹、牡蠣やムール貝などさまざま。↑海老と一緒にザリガニがあるところがアメリカっぽいですね。
アメリカのバフェレストランは「蟹があると高級」みたいな感じで押してくる気がします。

個人的にはサラダが好物なので、サラダのブースが広く、種類も豊富なアリアのバフェはお気に入りです。ストリップから少し奥に入った立地もあってか、客層も落ち着いていてのんびり食事できるところも良いなと思います。

レストラン内は、各国の料理が並んでいて楽しいです。
(今回ぜんぜん写真撮ってないです…すみません…)

いろいろな料理があるんですが、毎回私達はこんなかんじ…。
2人分です。向こう3枚が私のお皿で、サラダとあまり火の通りすぎていないお肉、ズワイ系蟹脚(冷)。真ん中のカレー、火のしっかり通ったお肉、タラバ系蟹脚(温)が旦那君です。いつもは蟹は食べるのが面倒であまり取らないんですが、ここは半分に割ってあったので少し取ってみました。蟹は温かいものと冷たいものがあり、食べ比べもできますよ。
のんびり食事出来て満足。

スイーツもいろいろありました。
日本人は美味しいケーキを食べ慣れているので、ここのスイーツで感動することはないと思います。

アイスクリームとフラン(焼きプリン)が無難に美味しかったです。
アメリカンなので、スイーツに関しては日本のような繊細なおいしさは望めませんが、ここのスイーツは見た目よりは甘さ控えめで(見た目よりは)美味しいです。こってりしたアメリカらしいスイーツも、コーヒーと合わせるとちょうど良いです。

写真をほぼ撮っていないので会場の雰囲気が伝わりにくいと思いますが、
ラスベガスのホテルブッフェの中では美味しいほうだと思います。
コスモポリタンのバフェ(Wicked Spoon)も結構好きなのですが、今回は行きませんでした。

the Buffetの場所ですが、カジノフロアの上の階になります。
ベガスのバフェでは珍しく外光が差し込む窓があるので、ランチ利用だと明るい雰囲気で良いですよ。

ARIAホテルの部屋の様子や宿泊費については↓こちらの記事をご覧ください。

アメリカ|ラスベガス アリア リゾート & カジノ|ARIA Resort & Casino
ラスベガス|ARIAに宿泊しました。お部屋の様子など。

スポンサードリンク

コメント