出雲|最終日 出雲空港でバラパンを食す(島根旅行記⑧)

2017年12月11日、帰宅の朝です。前日の雨が嘘のように晴れました。
宿(いにしえの宿 佳雲の紹介記事はこちら)で朝食を済ませ、
8:22発の出雲市駅行きのバスに乗るため、バス停へ。

朝の出雲大社。凛とした空気に包まれています。

正門前からバスに乗りました。

乗客は私達2人だけ。

ほんとに良いお天気。あと一日滞在したかったー。

出雲市駅で出雲空港行きのバスに乗ります。

空港に到着。大きなしめ縄が出雲らしいですよね。

しまねっこ。

搭乗口の近くの売店でこんなものを発見!
出雲のご当地パン、バラパン。

売店のおねえさんにどれがおすすめか訊いてみたところ、オリジナル(普通のバラパン)が人気とのことで、こちらを購入。ほのかに甘いミルク生地にバタークリームが懐かしい味で美味しかったです(*^-^*)

搭乗口から徒歩で飛行機へ。10:45発のJAC 2346:伊丹行き。
機材は来た時と同じ、ボンバルディアのDHC8-Q400です。

プロペラの真横の席でした。

帰りもJACの飴をもらいました。やっぱりこのパッケージ可愛い。

今回のお土産はこちら!松江城マグネットと、島根マグネットです。
初めての島根旅行でしたが、大満足でした!お天気が良ければなお良かったかもしれませんが、
違う季節にまた訪れてみたいな…と思いました。次は他の地域にも行ってみたいです。


動画(YouTube)も併せてごらんください☺
今回の出雲旅行の動画を最初からまとめてご覧になる場合は、こちらからどうぞ(全5話)

<余談>
ところで、この日、気が付いたらカメラ(SONY α5100)のレンズキャップが無くなっていました…。
失くすんじゃないかな~と思いながら使っていましたが、それがこの日だったか…と。
レンズに蓋が無いと不安なので、すぐに注文。一緒にキャップ用のストラップも購入。
↓こんなやつです。

値段も100円しないくらいで、両面テープで留めるだけのやつですけど、その後のお出かけに重宝しています。
購入した際にも店員さんに蓋は失くしやすいので注意してって言われたのを思い出しました。
カメラと一緒にこれも買っておけばよかった…。

スポンサードリンク

コメント