シンガポール|帰国:2時間ディレイで終電を逃す⇒無料タクシー券Get!

そんなわけで、予定より2時間ほど遅れて羽田到着。
怒涛のバリ島&シンガポール旅行2014は終了しました。
…と言いたいところなのですが、今回まだ続きがあります。
予定では23:05到着予定でしたが、出発が2時間ほど遅れたので
到着する頃には終電が終わっている⇒「タクシー帰宅するしかないね」と、
旦那君とは話していました。
そんな中、到着前に
「1人あたり1万円を上限にタクシーの無料券を発行します」
との機内アナウンスがありました。
ええ!? ほんとに??(まあ、確かに機材の不具合でのディレイなのであり得る話なんですが)
イミグレを通り、到着ロビーに出たところに臨時窓口が設置してありました。
私たちは目的地が1箇所だったので、チケットは1万円の上限で1枚。
羽田から世田谷区までだと1万円で間に合うとのこと。
タクシー乗り場で並んでいると、車を回してくれる係の方が行き先を確認してくれて、タクシー会社も指定してくれます(都内定額料金を設定している業者のタクシーに乗せてくれました)。高速道路を利用してマンションのすぐ近くの交差点で降ろしてもらって9900円でした。すごい、予算ギリギリOK。航空会社も慣れたものなのですね。タクシーの運転手さんの話では、ディレイによるタクシーチケットの配布はよくあるとのことですが、航空会社によって微妙に内容が違うのだとか。
 
普段、空港からタクシーで帰ることなんて無いので、どのくらいかかるのかわかりませんでしたが、定額運賃のおかげで助かりました。今回も、もし定額設定が利用できなかった場合、高速代含めて14000円近くかかるところでした。ただ、来月から神奈川県に引っ越すので、もし定額運運賃だったとしても確実に1万円を超えてきます…そうなると、羽田近くのホテルに泊まったほうが安くなるので、1泊してから帰ってくることになると思います。
もし空港からタクシーを利用する場合、各社のプランを調べておくと良いと思います。
 
夜遅く着く便を利用する場合、遅延のリスクもあるのだな~と実感。今後の旅行計画に生かしたいと思います。(…といいつつ、ついついタイトなスケジュールで予定立ててしまうんですけどね…)
ここまでのバリ・シンガポール旅行記にお付き合いありがとうございました(^^)/
スポンサードリンク

コメント