台湾|台北 梨園湯包館で小籠包の晩ご飯

★2017-2018 年越し台北 カウントダウンの旅

2017年、12/30の夜です。
そろそろ晩御飯を食べに出かけることにしました。

ホテル最寄のMRT松山駅から地下鉄移動。

南京復興駅で下車。

梨園湯包館で小籠包の晩ご飯!流沙奶皇包も美味しい!!

お店に到着!外で待っている人もいますね。

私たちも、到着した時は満席で少し外で待ちました。
待っている間も、メニューと注文票を渡してくれるので、退屈しません。

あまり待たずに通してもらえました。
点心を作っている調理台の真横の席です☺ 観ていて飽きません。

お茶も出してもらえました。2杯目からはセルフサービスです。

小皿料理もどれも美味しそうですね。

左の赤いポットに入っているのはセルフサービスのお茶。
有料のドリンクにはビールやジュースが一通り揃っていました。

注文の品が出てくるまでに、付けダレを用意しましょう!
タレはセルフです。調味料が充実しすぎていて迷ってしまう。

こんな感じで準備万端。

注文したのはこちらの5品。

最初に出てきたのは上海小籠湯包(140元)。蒸したて熱々!おいしそう~!!

スープたっぷりです。こぼさないように気を付けていただきます。

次に出てきたのは、奥に映っている大餅捲牛肉(130元)。
外カリカリ、中もっちりの皮の中に、牛肉ときゅうりが甘いタレと一緒に巻いてあります。
美味しい!でも結構なボリューム!

手前のお野菜が和風過猫(160元)。過猫(グオマオ)は蕨に似た台湾の野菜です。
ちなみに、この野菜が、今回注文した中では一番高いメニュー。
柑橘系の爽やかな甘辛いソースと鰹節が良く合って、これも美味しい!

デザートには南瓜芝麻包(120元)。かぼちゃの形が可愛い胡麻団子です。
中に胡麻餡が入っています。味のほうは見た目ほどのインパクトはないかも…。
美味しいんですが2人で8個はかなり重くて、お腹いっぱいになりました。

とどめの追いスイーツ。流沙奶皇包(40元)。
こちらも蒸したてあっつあつ!

ふわっふわのおまんじゅうの中身は、とろとろのカスタードクリームです。
少人数なら、かぼちゃの胡麻団子よりも、こちらを一人一つ食べたほうが満足感が高いと思います☺

お店はローカルの人でにぎわっていて、お料理もどれも美味しかったです。
次回はまた違うメニューをいただきにお邪魔したいお店です。

 ↑この小籠包晩御飯の様子は動画にもまとめていますので、ぜひご覧ください☺

↓お店の場所はこちら。

梨園湯包館 営業時間   11:30 – 14:30、16:30 – 21:30

【PR】お得な乗り放題パス【台湾新幹線・高鉄3日パス / フレキシブル2日パス】

【PR】台湾旅行の必需品!格安 4G SIMカード 無制限インターネット+通話付き

スポンサードリンク

コメント