台湾|台北 鄭記豬腳飯でガッツリ肉ご飯!

★2017-2018 年越し台北 カウントダウンの旅

2018年1月1日。台北で迎えるお正月。
迪化街を散策した後は次の観光スポットへ移動なのですが、
北門まで戻ったところで早めの昼食にすることに。

鄭記豬腳飯は北門からすぐのところにある豚足ごはんのお店です。
メニューはご飯もの2つとサバヒーの3つのみ。
現地の言葉に堪能であればお肉だけとか、そういった注文もできるかもしれませんが、
私たちはおとなしく猪脚肉飯東坡肉飯を注文。

そして、出てきたのがこちら!

東坡肉(トンポーロー)飯。豚の角煮がドーン!と載ったどんぶりです。
台湾は小ぶりの器で出てくるお料理が多いですが、このお店はドンブリでした。
煮卵と比べてもらえればお肉の大きさがわかると思います。
(うずらの卵じゃなくて、鶏の卵ですからね!)

こちらは猪脚肉飯。豚足なんですが、お肉の塊感がすごい。

どちらも味付けは同じですが、食感がちょっと違います。
色が濃いので味付けも濃いのかな?と思いましたが、食べてみると薄味。
見た目のインパクトとちょっとギャップがある味だなと思いました。
普通に美味しいですが、個人的にはお肉がプルプルしていてもう少し味が濃いほうが好みかも…。アッサリ目の味付けが好みの方にはちょうど良いと思います。
今回、たまたまそういう肉片に当たっただけかもしれませんが、お肉も固めであまりトロトロ感がありませんでした。正直、翌日行った富覇王猪脚のほうが美味しかったので、もし時間がなくて1軒しか豚足のお店に行けない…!とう場合は、他のお店にしたほうがいいんじゃないかな~と思います。あくまで個人的な感想ですので、その点は何卒ご了承ください。

お肉の他に、煮卵、豆干(固めのお豆腐みたいなもの)、
青菜、お漬物などが載っていて、これ1杯でお腹いっぱいになるボリュームです。

さて、お腹もいっぱいになったので、次の目的地、中正記念堂へ向かいましょう!

↑旅の様子は動画にもまとめていますので、ぜひご覧ください☺

↓お店の場所はこちらを参考になさってください!

【PR】お得な乗り放題パス【台湾新幹線・高鉄3日パス / フレキシブル2日パス】

【PR】台湾旅行の必需品!格安 4G SIMカード 無制限インターネット+通話付き

スポンサードリンク

コメント