ロサンゼルス|サンタモニカとLACMAへ

 思い出して書いてみるロサンゼルス。

2011年10月10日日曜日
サンタモニカを少し散歩した後、LACMAへ行ってみました。

ダウンタウンへ向かう途中、サンタモニカに寄ってみました。
日曜日なので人がたくさん。
ピアでは魚釣りしてる人が結構多いんですよね。何が釣れるんだろうか。
 

カリフォルニアらしい風景。

ちょうどこの時期、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった(10月5日に死去)直後だったので、
Apple store前にはこのような追悼のポートレートに花が手向けられていました。

LACMA(ラクマ)/ロサンゼルスカウンティー美術館へはこの時が初めてでした。
西海岸最大の美術館です。
 
 
この時たまたまやっていた現代アートの展示が結構面白くてよかったです。
 
 
 
こちらの大きなお皿シリーズは2度目に行った際にもあったので、多分常設。
 
 
個人的に、この↑白いお皿がお気に入りなんです。
これの周りを(お皿を観ながら)まわって歩くと、平衡感覚がおかしくなって、
変な感じになって面白いんですよ。
いい年して、皿の周りをぐるぐるまわってしまいました。
(そんなことしてるのは私たちだけでしたけど…)
 
 
この日はちょうどティム・バートンのイベントがあったらしく、
ファンがたくさん来ていました。本人も来ていたみたいです。
 
LACMAには日本のコレクションもあるんですが、中でも個人的におすすめなのは根付コレクションです。
クオリティの高いものがまとまった数展示してあるので、楽しいです。
 
 
一応、ハリウッドサインも見えるんですよ。え? 見えない??
 
 
あの辺りにあります。目が良い人なら肉眼で見えますよ。結構遠いんですね。
 
 
もう、翌日の朝には帰国便に乗るので、いつもの海岸へでかけました。
 
 
パロスベルデスを越えて海岸に出ると、ちょうど日が沈んだところでした。
 
 
短いロサンゼルス滞在ですが、あちこちでかけて満喫しました。
 
次は、また思い出して書いてみるシリーズ、ジョシュアツリー国立公園編をアップしたいと思います。
それでは、またー。

スポンサードリンク

コメント